妊娠中から尿もれになってしまっている方

ブログ

こんにちは。

妊娠から産後のcareまでトータルでサポートしている松原です。

 

ちょっと、デリケートな問題になってしまいますが、こういった悩みを抱えている方って多いです。

妊娠されて当院を卒業された方にも尿もれがといって悩んで来られる方がいます。

 

妊娠中期からの尿もれ

早い人は、妊娠中期くらいから尿もれに悩まされる方がいます。

それは些細なことです。

クシャミをしたとたんとか咳をしたとたんということが特に多いのではないでしょうか。

我慢しようと思ったけれど、その我慢ができずに失禁してしまうという方が出始めるのが、この妊娠中期からです。

しかし、対処法としては尿もれパッドなどで対処する方法してかなく仕方ないと諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

医療機関等に相談してもなかなか解決策ってないですからね。

 

なぜ尿もれになってしまうのか

妊娠中期になるとややお腹がめだってくるかなという方もいます。しかし、まだまだ膀胱を圧迫するほどの感じではありません。

えっ?!圧迫するからじゃなかったのと思われる方もいるかもしれませんが、いわば「おしっこを貯められない」のではなくて「おしっこを止められない」ことが原因ではないかと予想されます。

おしっこを止めるための筋肉(骨盤底筋群)がうまく働かなくなっている力の入れ方を忘れている感じです。

お腹の膨らんでくることでコアマッスルが変わってきて、このおしっこを止める筋肉が機能不全を起こしてしまっていることが考えられます。

なので、ちゃんと手順を踏んで施術を行うと臨月に入っていなければ直ぐに止めることができるようになるんですよ。

しかし、骨盤底筋群はインナーマッスルですがこの骨盤底筋群だけを鍛えようと頑張ってもなかなか効果はでてきません。

体というのは色々なものがしっかりとかみ合って動いてくれます。なので、この骨盤底筋群だけを鍛えていてもなかなかうまくいきません。

この場合は、コアマッスルを正しく動かしながらも股関節を支える筋肉と一緒になって使えて初めて「おしっこを止める」ことができるようになります。

 

当院では

しっかりと骨盤底筋群、コアマッスルをしっかりと働くようにし機能を十分に回復させてから家庭でできる体操などをお伝えします。

そうすることで、お客様自身も尿もれに対してどこの筋肉がうまく使えていないかを意識し意識できることによってうまく使えるようになってきます。

あれ?ちゃんと使えるようになった  というような不思議な感覚になります。今までここを使ってなかったんだなと。

 

もし、尿もれでお悩みの方がいましたらご相談ください。

臨月に入っていなければ十分お力になることができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました